You are here: Home > >

使用方法や原料の違いで白髪染め比較をしてみよう

白髪染めの製品は数多く販売されており、その中からご自分に合った物を見つけるのはなかなか大変なことですよね。白髪染め比較を行う際には、製品に対してどのような点を重視するかということにポイントを絞ることが大切です。白髪染めを自分で行うにはコツがいります。とにかく手軽に白髪を染めたいということを重視したい方には、トリートメントタイプの白髪染めがおすすめです。このタイプはお風呂で洗髪の後に使用でき、毎日少しずつ髪が染まっていくので自然な仕上がりになります。
白髪染め製品に使用されている原料にこだわりたいという方は、天然由来の成分が豊富に含まれていることをポイントとして白髪染め比較を行うとよいでしょう。例えば、髪を染める働きを持っていることで最近注目されているのは、ヘナという植物です。ヘナとは主にインドに自生する低木植物で、葉を乾燥させ粉末状にしたものを染料として用います。またトリートメントとしての役割や、皮脂のバランスを整える働きもあるため育毛や発毛にも効果を発揮します。
また、お出かけ前の時間のない時や、生え際など白髪が気になる部分だけ染めたいという方は、部分染めすることを目的として白髪染め比較をしてみましょう。天然由来で肌にも優しいヘナを使った白髪染めには、部分染め用の製品もあります。中でも口紅のようなスティック状になっている製品は手軽に使えるので大変おすすめです。この製品にはヘナの他にも、ヒマシ油やアボカド油、キャンデリラロウなど植物由来の保護成分が配合されています。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter

Leave a Reply